海外ファンからは異論も!井上が「階級を超越した最強王者」で日本人初のトップ3入り!(海外の反応)



[2019年11月17日13時49分 日刊スポーツ]ボクシングWBAスーパー・IBF世界バンタム級王者井上尚弥(26=大橋)が、米老舗ボクシング専門誌「ザ・リング」選定のパウンド・フォー・パウンド(PFP=階級を超越した最強王者)で日本人初のトップ3入りを果たした。
引用元 http://bit.ly/2O4Iknh
ボクシングの記事



・リングがパウンド・フォー・パウンドをアップデートした。
井上は3位だ。



・井上フィーバーは手に負えなくなっている。



・↑どうして彼の順位が間違っていると思うの?



・↑彼がロマチェンコのレベルに達するまで、まだまだ道のりが遠い。



・私は怒っていない。
マニーはもっと上であるべきだと思うけど。



・↑「年齢を超越した王者」だったら、パッキャオが一位だ。



・↑年間最優秀ボクサーは彼だと思う。
10歳若い良いボクサーを2人も倒した。
しかも全く違う形で。




・パッキャオは40代なのにいまだにトップ10に入っている。
凄い。



・これは正しい順位。



・リングをトイレに流せ。



・このパウンドフォーパウンドのランキングは一体何だ?



・個人的にはクロフォードと井上を入れ替える。



・井上がクロフォードよりも上だって?
彼が戦ったビッグネームは一人だけだし、37歳に顔面を破壊されたのに?
ランクインするべきではないとは言わないけど、3位?



・これは馬鹿げている。



・どうしてクロフォードが4位?失礼だろ!
少なくとも2位だろ。



・ドネアは本当に良いパフォーマンスを見せた?
それとも、井上が期待にこたえなかっただけ?



・井上が沸き起こる興奮に見合うほどのボクサーではないことは明らかだ。
それでも彼は良いボクサー。
でも彼には間違いなく修正しないといけない弱点がいくつかある。



コメント

  1. 前の試合で完ぺきではないことを証明してしまったからな。
    「圧勝するだろう」という多くの期待を裏切った。
    ディフェンスをもっと頑張らないとと言われるようになってしまった。

    返信削除

コメントを投稿